おすすめのわきが治療

わきがのニオイが強すぎて、暑い夏は気になって仕方がないという方は、思い切って治療を受けることをおすすめします。

 

YUKA150701098458
皮膚科や美容外科に任せれば、その人に合った方法で治療が受けられるので、市販の制汗剤を使っても効果がなかったときは相談に行くようにしてください。
皮膚科で診察を受けた場合、医師に症状が軽いと判断されれば、最初は薬を処方されて、しばらく様子を見ることとなります。
汗を抑える飲み薬を処方されたり、わきの殺菌や消毒効果のある塗り薬をもらえるので、わきがの症状が大したことがなければ、それだけでかなりニオイを抑えることが出来ます。

(病院で処方してもらうと医療費が高いと懸念したり、病院に行くのが嫌な人はネットで購入できるわきがクリームを試してみることもできます。)
医師のアドバイスに従い、食生活などを改めれば症状を改善できることもあるので、手術を受けなくても治せる場合もあります。
薬で効果がなかった場合は、ボトックス注射を受けるのがおすすめです。
薬剤を注入するだけで汗の分泌が減って、ニオイを抑えられますし、ボトックス注射は保険が適用されるので、少ない費用でわきが治療をしたい方におすすめです。
それでも効果がなかったときは、ミラドライやレーザー・デオドラントなどのレーザー治療によって、わきがのニオイを抑えます。
レーザーをアポクリン腺やエクリン腺に照射して、汗腺を焼切れば、ほぼ永久にニオイが発生しなくなりますが、重度の場合は再発することもあります。
他にも電気凝固法やマイクロリムーブ法、剪除法などの治療法があるので、まずは医師の診察を受け、自分に合ったおすすめの治療法を提案してもらうようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です